痔 その1

痔は本当にツライですネェ。。。


自分は痔とは無縁だとずっと思ってました。


それが数ヶ月前、ある日突然痔に襲われてしまいました(爆)。


キレ痔です。。。


今考えてみると、キレ痔の前兆は、その1年以上も前からありました。


たまにですがトイレに入ってお尻を拭いた時に
血が付いていることがありました。


『アレ?痔???』


なんて小バカにしたように痔を考えていましたから
トイレから出る頃にはスッカリ忘れてしまっているような状態でした。


トイレットペーパーに血が付く程度の『ちょっと痔』が
私の本格的な痔の前兆だったように思います。


そしてこの『ちょっと痔』の間隔が今思うと少しずつ
短くなっていったように思います。


だけど、トイレの時以外は痛みを伴わない程度の『ちょっと痔』
だったので、ほとんど、いや、全く『ちょっと痔』の対処は
していませんでした。


それがある日、『ちょっと痔』から本当の痔に変わってしまったのです。。。



辛いものや、お酒が大好きな私は、痔で地獄を見る前日、
次の日が休みという事もあったので、友人と韓国料理の店で
食事をしました。


なので、翌日の排便は、お尻が熱くなります。


また、『ちょっと痔』になっちゃうかな?


そんな程度の気持ちで、トイレに入りました。

痔 その2

痔の不安を感じながらトイレで排便していると、
やはりいつもの『ちょっと痔』の症状が出てきました。


トイレに備え付けてある、トイレットペーパーに血がつきます。

まさしくキレ痔の症状です。。。


しかし、この日の排便は、韓国料理のせいか、お尻が熱いだけでなく、排便のキレも良くありません。


私はいつもよりずっと長い時間、トイレに入っていました。


すると・・・、トイレットペーパーに付く血の量が一気に増えました。


私はビックリして下を覗いてみると、
血がたまにたれている程でした。。。


お尻は肛門の熱さで痛みが分からなかったようです。。。


コレはヤバイ・・・。

ホントの痔かも。。。



私は不安に刈られながらトイレを済ませ、しばらく家で
痔の様子をみていました。


お尻の熱さが無くなってくると、今度は、刃物で切ったような
激痛が襲ってきました。



コレは痔だ。 本当の痔だ。。。


ホントの痔だと確信した私は、
とにかく病院に行ける状態になるまで、痔を落ち着かせる事に
専念しました。


激痛との格闘です。。。


痔がこんなにツライとは。。。


私に少しでも痔の知識があったらこんな事にはならなかったのに。。。


痔への辛さと自分のいい加減さに腹が立つほどでした。


痔は情けないですよ。ホントに。。。

痔 その3

痔が落ち着き始めた頃、私は、とにかく病院に行く事にしました。


また痔が悪化して血や激痛に襲われないように、
痔に、と言うか、お尻に全神経を集中して、車に乗り込みました。



車の座席には、シートと痔(お尻)が触らないように
タオルに手を施して立体的な筒状にして、その上に座りました。



そして痔の診察を受けるため病院へ。。。


痔は不思議と人には言えない恥ずかしいモノと思ってしまいます。


痔が起こる場所のせいでしょうか。


でも、痔による苦しみは、
ある意味他の病気や怪我なんかよりも正直言ってツライです。


なのにナゼか痔だと、恥ずかしくってオマケに自分がイヤになってくるんです。。。


痔はツライ。。。


本当に痔はツライ。。。




結局私の痔は、先生にお尻を向けて薬を塗られて終わりました。


ホントに辛かったです。


その後も、痔の闘病生活(?)は続いていますが、
あの、痔で苦しみまくった1日は、自分の中で、
人生の汚点の1つとも思ってしまっています。


痔は決してバカには出来ません。


痔は2足歩行の人間には宿命とも言われているそうです。


また、痔は生活習慣病とも言われていて、ある程度、痔は
自分で予防が出来ます。


痔をバカにすると私のようになってしまいます。。。


痔にはホントに気をつけてくださいね!